イタリア料理KAN

愛知県小牧市の「イタリア料理KAN」にぎやかに楽しく味わうこだわりのイタリア料理

HOME»  GOOD FOR

GOOD FOR -イタリア料理KANのこだわり-

GOOD FOR -イタリア料理KANのこだわり-

 



おかげさまで、私共は創業27年になります。(2015年現在)
 
料理を通して自分と向き合うことを繰り返す日々。
そんな毎日の中で培った感覚・感性を大切にし、既存の価値観、概念に捕らわれないよう心掛けています。
経験と閃きを大切にすること、また、純粋に旨いっ!!と感じて頂けるような、
シンプルで楽しい料理を作ることが私達のモットーです。
 
kanで、大切な方と楽しい時間を過ごし、そのひと時が明日への活力へ繋がる。
そんなお手伝いができましたら幸いです。



 

 

≪KANの料理はこんな名人達に支えられています。≫


 

魚の天敵 柴原親子
浜島の海を知り尽くした浜島一の漁師。旬の魚介は柴原さん頼り。

GOOD FOR -イタリア料理KANのこだわり-

 

GOOD FOR -イタリア料理KANのこだわり-



 

一発必殺 郡上のマタギ一番 河隆さん
獣道を知り尽くした河隆さんだから出来る、狙った獲物は迷わず成仏。

 

 

GOOD FOR -イタリア料理KANのこだわり-

 

 




 

パン工房ファミーユ 垣本さん
 白尾山の湧き水と国産小麦にこだわって作られるパンは100kmの旅をして届けられます。

 

 

GOOD FOR -イタリア料理KANのこだわり-

 

 




 

IMATAファーム 井亦夫妻
 野菜作り一筋60年無農薬にこだわり、愛情込めて育てた野菜たちは元気いっぱい。

 

 

GOOD FOR -イタリア料理KANのこだわり-

 

 




 


松阪豚

国内の養豚家で知らない人はいない位、業界をリードしてきた山越弘一氏。山越さんが育てた豚はきめ細かなサシが入り、しっかり熟成されたしまった肉に仕上がっています。
その肉質の良さから平成21年三重県松阪食肉公社より、松阪牛に匹敵する豚と評価を受け、推薦書を授与されました。

松阪豚   松阪豚 推奨書

みつせ鶏

実はこの鶏、フランスで有名なブレス鶏の血を引く赤鶏。
年間1200羽ひなどりを仕入れ、育て、卵を産ませたのがみつせ鶏。
国内の地鶏に比べて足が長いのが特徴。
程よいはごたえと風味の豊かさは名古屋コーチンと甲乙つけがたいのでは。


みつせ鶏

なかやま牛

なかやま牧場で育つ牛はとにかく健康。
日当たり、風通しなどきめ細やかな気を使い育てられています。
肉のきめが細かく柔らかい肉質。
KANでは、なかやま牛(高原黒牛)を使っています。


なかやま牛




 
三重県南伊勢町方座浦の仕入れ(9・14)

今日はいつもお世話になっている方座浦の川村さんの鯛の一本釣り漁にお供しました。
思いがけない大物が釣れその場で値段交渉、その場でゲット!

その他の仕入れとして、マハタ、カンパチ、伊勢エビ、など


                                              

 

 

http://www.italianfood-kan.com/images/material/image9.jpg

 

 




 

山岡ファームさんの白イチジク

別名、バナーレ。バナナの食感に似ている事からこの名前がついています。
実はこのイチジク、皮も食べられるんです。一般に出回るイチジクと比べ甘みも強く味も濃厚!
栽培に大変手間がかかる為、出回る量はすくなめです。
生ハムと合わせたら絶品です。

8月~10月いっぱいまで入荷予定、ぜひお試しください。
                                              

 

 

image.jpg

 

 




 

幻の生ハム、{クラテッロ}

クラテッロは成熟した豚の尻の部位に塩を挟み数日間冷蔵。

その後 、子牛の膀胱に入れ自然乾燥、12か月間熟成させたもの。

この熟成の間に重量は半分の4キロくらいに縮まります。

                                            



                            http://www.italianfood-kan.com/images/material/image.jpg